好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

好きなことをとことん

フィルムカメラ「写ルンです」を再考する!軽量な登山用カメラとしても使える!

f:id:mayori-mountain:20171027115213j:plain

写ルンです」ご存知でしょうか。

 

多分、知らない人はいないんじゃないかなぁ。

30年前に発売されたフィルムカメラですよね。

 

小さい頃や学生の頃は遠足とか、修学旅行とかに必ず持っていってました。

 

大人になってから使うことはなかったけど、最近になって使うことが増えてきました。

 

何に使っているか?

 

登山の時に持っていくようにしています!

 

 

なんで「写ルンです」なのか?

「今時、デジタルカメラじゃなくて写ルンですとか…」

と思ったりするかもしれないですが、結構いいもんです。

 

そりゃあもちろん、高画質で綺麗な写真を撮るなら圧倒的にデジカメが良い。

ただ、なんていうのかなぁ、

写ルンですのフィルムのチープさがいいんですよ!

 

デジタルカメラにはない雰囲気が写ルンですにはあるのです!

 

 

デジカメよりも軽くてコンパクト!

デジカメって綺麗に撮れるし、それだけでいいものですが、

かさばるし、重いし、持っていくのがちょっと億劫になってしまったり…。

 

しかし!

 

写ルンですなら、コンパクト、そして軽量!

デジカメみたいな綺麗な写真が撮りたいと思ったら、今ならスマートフォンがあります。

スマホのカメラの性能は近年かなり良くなっています。

 

安価なコンパクトデジカメよりも綺麗に撮れたりすることもあるので本当にバカにできないですよ。

 

実際にどんな風に撮れるのか

f:id:mayori-mountain:20171027115237j:plain

ピントを合わせたり、F値やISO、ズームもないシンプルな「写ルンです」。

写真の色味や、雰囲気は見ての通り独特な感じになります。

 

f:id:mayori-mountain:20171027115259j:plain

山の風景の質感も、デジカメと結構違います。

フィルムだと優しい色味になりますね。

 

f:id:mayori-mountain:20171027115334j:plain

これはテントの中を撮影した時のものです。

夜ご飯を食べ終わって、晩酌をしているところ…笑

写ルンです」にはフラッシュ機能も付いているので、室内やある程度暗いところでも撮影ができます。

この暗いところで撮った写真もいい雰囲気が出ます。

これこそデジタルカメラでは出せないところですね。

 

f:id:mayori-mountain:20171027115250j:plain

ガスの山も雰囲気があります。

全然高画質じゃないのでザラついた感じの写真になります。

ただ、それがまたいい味になるんですよね〜。

 

メリットもある!

今更「写ルンです」を選ぶメリットなんてあるの?って感じるかもしれませんが、色々ありますよ。

 

コンパクト・軽量

上でも言ったように、デジカメに比べるとコンパクトで軽量です。

持っていく荷物のことを考えると少しでも軽くしたいですよね。

 

操作が簡単

操作がとっても簡単!

使ったことがある方にはもうご存知だと思います。

フィルムを巻くダイヤルを「カリカリカリ…」っと動かして、

あとファインダーを覗いて、シャッターを押すだけ。

超シンプルで簡単でしょ!

 

暑さ・寒さも関係ない

デジカメのように、暑さ・寒さにも強くて

バッテリーも基本的にはないものです(フラッシュの時にだけ電池を使用)

寒くてバッテリーが落ちることもないので、寒い冬山でも使うことができます。

 

 

デメリットもある

便利なものにもデメリットはありますよ

 

コストがかかる

写ルンです」本体が1000円しないくらい。

デジカメと違い、現像しないといけないわけです。

普通に写真に現像するか、デジタルデータをCD-Rにしてくれたりサービスもあります。

 

この辺はやっぱりデジタルカメラの方が低コスト、というか、

手間がかからないですね。

山で採ってきた写真を現像に出して、、なんてもう面倒!
撮ってきた写真を早く取り込んで、ブログにアップしたいのに!インスタにアップしたいのに!とか考えると、デジカメの方がいいですよね〜。

 

最後に

フィルムカメラ写ルンです」を山に持っていく、

いかがでしょうか。

写ルンですは「写真を楽しむ」という原点な気がします。

デジカメも写ルンですも楽しみたいので、行く山によって使い分けたいと思います!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!