好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

好きなことをとことん

天候が安定した2月に冬の谷川岳へロープウェーを使って日帰り冬山登山に行ってきた。

https://www.instagram.com/p/BG4CJJbNadl/

寒い寒い冬山ですが、冬山だからこその綺麗な景色がたくさんあります!

比較的初心者にもオススメし易い谷川岳に登った時のことを記事にします! 

 

 

 

 

2月、谷川岳・天神尾根にて。

関東圏からなら、前の日の夜のうちに車で谷川岳ロープウェーの駐車場まで行ってしまえば、

翌朝からロープウェーを使い、冬の谷川岳でも日帰りが出来ます。(車中泊で仮眠。)

土日などの週末は駐車場が混み合う可能性もあるので、可能なら余裕を持って到着したいところ。

翌朝は、目覚めたらすぐに山歩きができる!前夜到着のメリットはたくさんありますね。

高速代も深夜割引の適用で、昼間よりも安く済ませることもできますし、道路渋滞もほとんどないですし。 

 

 

前日に雪が降る!ロープウェーからの歩き始めでもラッセル!

平日にもかかわらず、多くの登山者、スキーヤースノーボーダー谷川岳へ向かって行きます。

風はあまり強くなく、日差しは晴れると暖かく感じ、ハードシェルが要らないくらいの暖かさで行動中はとても快適。

快適と言っても汗をかくようなペースで歩くと汗冷えを起こしてしまいあとで寒い思いをしますので要注意…。

冬山の汗冷えほど辛いものはありません。

 

登山道は夏の道とは違い、樹林帯の中を歩くことはほとんどありません。

基本的には尾根の上を歩くのでとても歩きやすく、景色も楽しみやすいです。

もちろん、「安全」というわけではない!

切り立ったところや、雪の急斜面もあるので、しっかりとしたアイゼン歩行の技術や、

万が一滑落した場合に備えたピッケルワークが必要ですよ!

 

心配な場合は、ちゃんとした技術を持った人や、行き慣れている人と一緒に言った方が良いです。

無理をせず、慎重に。無理だと思ったら撤退するくらいの考えも必要です。

「行けるだろう」というゆるーい考えは基本的にNG!

 

 

暖かく感じていても、雪山なので装備は万全で!荷物の軽量化も必要!

日が出ていて暖かく感じていても、急に天候が変わって寒くなることがあります。

防寒対策には万全の準備が必要!

 

暖かいフリースやダウンジャケットも持ち、グローブも厚手。

足元は冷えないように保温材の入った登山靴。雪や氷にも対応が出来るようにアイゼンも。

転倒などして滑落しないようにピッケルも。(結局、状況的にストックのみの使用でした。)

万が一、雪の量が多かった時のことを考え、ワカン(輪かんじき)も持ちます。

 

荷物をパッキングしていくと「あれ、なんか重いかも…」となってしまったり…。

日帰りといえども、冬山登山はなかなかの荷物になります。

 

この日はシンプルな30リッターの中型ザックを選択。

出来るだけ荷物をコンパクトにまとめ、背負って登るときの負担を出来るだけ軽くします。

 

 

快晴の中の冬山登山

吹雪や景色の見えない時に登ることもありますが、やっぱり景色は見えた方が良いです。

気持ちがいい。

こんな日に登れたのは本当にハッピーでした。

遠く見える山々も白く、非日常感の景色。いつまで見ていても飽きません。

つらく、大変な登山も、一瞬の綺麗な景色で報われます。

 

 

谷川岳は冬山初心者向き?イヤイヤ、危険度の高い冬山ですよ!

谷川岳はロープウェーで楽々アクセスができる山として、初心者から上級者まで人気の高い山です。

 

冬には積雪も多く、稜線は風を遮るものはありません。

登りやすい山だけど、決して「初心者向け」の冬山ではないです。

 

ただし、ある程度冬山を登っている経験のある方でしたら問題なく登れるはず。

一度登ってみると、険しい雪山を経験して、一つ成長した気分になれます。

 

 

 

しっかりとした準備をしてチャレンジしてみましょう! 

 

最後に

雪山登山のステップアップにオススメです。

谷川岳は毎年登っても飽きない山です。

ロープウェーがあるおかげで1年中楽しめますし。

なんて贅沢な山だ!