好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

北八ヶ岳へ雪山ハイキング。パート2。

https://www.instagram.com/p/BNOh3zqgBfH/

 

mountain-life.hatenablog.com


翌日は天狗の奥庭へ。

翌日は快晴。

黒百合ヒュッテから天狗岳への往復は時間もあまりかからずに、比較的楽に行って帰って来れる。

ただ、今回は色々な事情があり、その「比較的楽」なコースもままならない程になってしまった。

しかし、せっかく来たからには景色のいいところを見ておきたい。

黒百合ヒュッテの目の前の斜面を上がり、稜線へ出ると冷たい風が強く吹いている。

降ったばかりの雪が、標識にエビの尻尾となり張り付いている。

雪山ならではの景色である。それが11月末に見られるのは嬉しかった。

 

そのあとも少し季節外れの雪景色をたくさん楽しんだ。

夏には見ることができない景色が冬にあります。

通年営業をしている黒百合ヒュッテという小屋があるおかげで、本格的な雪山に遊びに来ることができるのです。

 

冬の北八ヶ岳に行ったことがないですか?絶対に行ったほうがいいですよ。そして黒百合ヒュッテは絶対にオススメ。

泊まりでも休憩でもいいので小屋の中に入れさせてもらってください。

癒される空間が山の中というのを忘れさせてくれます。

勝手なイメージですが、田舎のおばあちゃんの家に帰ってきた、みたいな感覚になります。

 

そして下山。

雪山シーズンインを堪能した僕はウキウキ。あとは楽しく下山するだけ。

大雪予報が出ていたけど無事に入山し、山の中で過ごし、無事に下山。

雪がやんだ後の日でも登山道には雪がまだまだたくさん残っていました。

帰りも踏み抜きが多く、手こずりました。

やっぱり冬の森は綺麗だな〜としみじみ。

 

山行中は特に何も大変なことはなかったけど、電車が遅れてしまってバタバタしてしまったり、天狗岳のピークは踏まなかったものの達成感もあり、新雪の登山道のおかげで疲労感も少し。

この疲労感も気持ちがよく残り、帰りの電車ではずっと寝てしまっていた。

 

寒くて辛い雪山。

夏山の装備とは違う装備が雪山には必要です。

ハードルが高く思われがち、というか実際に装備を揃えたりを考えた場合、

やっぱりハードルは高いです。

アイゼン、ピッケル、冬用の登山靴…ちゃんと揃えるとお金もかかりますが、命に関わることなので決して軽く考えてはいけません。

経験者や専門店でアドバイスをしてもらいながら装備を揃えましょう。

 

しかし、夏山とは違った綺麗な景色、幻想的な景色が雪山にはあります。

雪山にしか、雪山でしか見られない景色があります。

それだけでも少し頑張って遊びに行く価値が絶対にあります。

 

低山でも雪が降ったら遊びに行ってみてください。

虜になりますよ。