読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKE A HIKE!

アウトドア/ハイキング/登山/トレイルランニング/クライミング/雑記ブログ

登山靴のソールが剥がれた時の対処法。

https://www.instagram.com/p/BIwjyxAh8Ia/

登山中に剥がれたソールを見つけたり、自分や周りの人の登山靴のソールが剥がれてしまったことがあったりしませんか?

登山靴のソールの仕組みについて

なんとなしに使っている登山靴ですが、使っているうちにすり減ってしまったり、

剥がれてしまったりすることがあります。

すり減ってしまうとグリップ性能が落ちてしまうので滑りやすくなりますし、

ソールが剥がれてしまうと靴として機能しなくなってしまいます。

そもそもソール自体が靴の本体に接着剤で接着されている構造になっているものがほとんどです。

 

ソールの寿命について

剥がれてしまう現象については、だいたい4〜5年で起きてしまうのがほとんど。

ただし、使用頻度や保管の方法で前後するとのことです。

多く使えば使うほど劣化が早まる気もしますが、使っていた方が長く持つ印象です。

保管の方法はできるだけ風通しのいいところがベスト。

買った時の箱に入れっぱなしや、ビニール袋に入れっぱなしはNGです。

カビなどの原因にもなります。

すり減り方は使用頻度、歩き方によって変わってきます。

 

登山中にソールが剥がれてしまった場合は

登り始めてすぐならば即下山。絶対に無理をしてはいけません。

縦走中、下山中に剥がれてしまう事態になっても対応ができるように、

針金、細引きロープ、ビニールテープ、ダクトテープなどを用意しておくといいです。

その場しのぎでもソールがないと歩くのも大変です。エマージェンシーキットの中に常備させておきましょう。

僕も写真の通り、下山中に剥がれてしまいました。

ダクトテープでぐるぐる巻きにして対応しました。補修する道具がなかったら危ない目に合うところでした。

 

登山靴は修理ができます

登山靴のだいたいのモデルはソールの張り替えなどの修理ができます。

靴を買った販売店さんに相談するのが一番良いです。

新品の靴を買うよりは安く済むことがほとんどですし、足に馴染んだ靴だと思うので修理に出した方がより愛着も湧いてきます。

一部の登山靴では修理がそもそもできない(メーカー対応していない)ものもあるので注意が必要です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

長く登山をされている方でしたら一度は経験のあるソールの剥がれ。

また、山に行くとたま〜に見かける剥がれてしまったソール。

明日は我が身です。日々のメンテナンスも大事になってきます。

ソールの修理などは時間がかかることが多いのでできるだけ余裕を持って修理に出したいところです。

「来週に使いたから・・・」というのは無理そうです。

山に行く前に登山靴のソールを確認し、下山後もキレイに洗ってあげてください。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村