読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKE A HIKE!

アウトドア/ハイキング/登山/トレイルランニング/クライミング/雑記ブログ

冬の登山に必携のおすすめの保温ボトル

https://www.instagram.com/p/BNXzjvhAfje/

日帰りからテント泊まで使えるボトル

僕が登山を始めてからずっと使い続けている「サーモス

f:id:mayori-mountain:20170113234645j:plain

サーモス」または「テルモス」なんて呼ばれている保温性の高いボトル。

サーモス」は水筒やマグカップなど魔法瓶の製品を作っているあの「サーモス」です。

数ある水筒のラインナップの中で、登山向けに作られたモデル「山専用ステンレスボトル」というものがあります。

通称「山専ボトル」。

 

山専ボトルの特徴

通常のラインナップのボトルと何が違うのかご紹介。

 圧倒的な保温力

そもそも、魔法瓶メーカーなので一定以上の保温力はどの水筒にもありますが、この山専ボトルは、普通のものよりも保温性が上がっています。

通常のモデルでこの保温力

保温効力(6時間)

 63度以上

ちょっといいやつでもこのくらい

保温効力6時間 74度以上
24時間 46度以上

そして山専ボトルは

保温効力6時間 77度以上
24時間 50度以上

圧倒的です。

冬山の登山において、暖かい飲み物が冷めにくいというのはどれほどの安心感につながるでしょうか。

 

軽量化もされている

保温力が高いってことは重いんじゃいの?って思うかもしれませんが、

意外と軽いんです。

本体重量(約kg) 0.28 / 0.26(シリコンなし)というスペック。

保温力と軽量化のバランスがちょうどいいんです。

保温力があった方がそれはいいんですけど、重たくなるのはNG。

軽いとすごい助かるんだけど、保温力もないとNG。

本当に登山向けに考えられています。

 

他にも機能的になっています

厚手のグローブをしたままでもキャップの開け閉めがしやすいようにグリップが付いていたり、握りやすい形状になっています。

ある程度の衝撃に耐えられるようにシリコンのパーツで本体を保護。

ボトルも洗いやすいようになっています。

 

最後に

冬山じゃなくても、登山をやる方には絶対使って欲しいボトル!

温かいお茶や紅茶、コーヒー入れてもいいですし、

お湯だけ入れて、頂上でカップラーメンを作るのに使ってもいいですよ。

そうすればバーナーとコッヘルを持たなくてすみますからね。

とにかくおすすめ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!