好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

好きなことをとことん

山の道具で溢れかえっているけれど断捨離を実践してちょっとだけミニマリストへ。

f:id:mayori-mountain:20170119230928j:plain

いわゆる、断捨離ブーム・ミニマリストブームにがっつり乗っかって、僕もものを手放してきたんです。

色々なブログやメディアでテクニックやらポイントが紹介されているので、

僕もそういうものを参考にしてきました。

 

アウトドア派ミニマリスト

ミニマリストへの少しの憧れがあって断捨離を初めて行ったんだけど、

いかんせん、趣味が登山というわけで。

登山とか、アウトドアが趣味の人って、とにかく道具が多いんですよね。

少なくとも僕は登山の道具が多いです。

一年中、山で遊べる道具があるので、手放せないものが多かったです。

そして何より道具好きであるのです。

 

そもそも趣味のものは手放さなくてもいい

所有物の少ない人がミニマリストと呼ばれていますよね。

漫画や雑誌などの本は電子書籍で読んで、

音楽や映画などはインターネットのサービスで見て、

そういう趣味とかはミニマリストと相性がいいけれど、

僕みたいなアウトドアが趣味の人は手放せる限界がありました。

けど、趣味のものって捨てなくていいんだよね。

 

それでも持っているものの整理になった

断捨離をしていくことによって、どれだけのものを持っているのかを

改めて知ることができました。

昔に買ったけど一度使ってそれっきりのものがたくさんありました。

捨ててしまったり、譲ったり、中古品で買い取ってもらったり、処分をしました。

どれだけ持っているか、総数を把握できるいい機会になりました。

 

新しい道具を買うときの基準ができた

どういう道具を持っているかが把握できると、新しく買うときに一歩引いて客観的に考えることができるようになりました。

もともと勢いで買うことが多かったので、こういう風に考えらるようになって本当に良かったです。

「この道具、いいかも・・・買っちゃおうかな」

「いやいや、まだ持っている道具が使えるから必要ないよな」

という風で。

買うときも、長く使えるか、使い勝手はどうか、サイズや色は好みか、

などなど考えるようにもなり、

今買っているものはどれも厳選されたものになっています。

 

ミニマリストと相性のいい「ウルトラライトハイキング」スタイル

登山のスタイルの中でも「ウルトラライトハイキング」というものがあります。

道具はシンプルで軽くてコンパクト。

ちょっと使い勝手が悪いときもあるけど、道具が軽かったら歩くのも楽だし、長時間の行動が出来ていいよね。っていう感じです。

僕の道具選びも徐々にそういう方向性になってきています。

全部をそういうものにする必要はないと思うけど、エッセンスとして取り入れています。

シンプルで軽くてコンパクト、ということは使わないときの収納性も高いわけです。

趣味の道具は手放せないけど、最低限・最小限にしたいなぁと思っています。

 

まとめ

趣味にものは断捨離しなくていい!

ただ、断捨離をしていくと道具に対する愛着も湧いてくる!

これからも断捨離をしつつ、趣味も継続していきます!

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村