好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

日本人の体型に合いやすいオススメのトレランザック

f:id:mayori-mountain:20170120141729j:plain

山を登り始めてから数年後には山を走るようになっていた僕です。

山を走るのにはやっぱりそれに対応した装備が必要なんですよね。

今回は僕が使っているオススメのザック、パーゴワークス社の「ラッシュ」シリーズを紹介します。

よく、「ザックが体に合わない」と聞くことがあります。

僕はこのメーカーのザックにしてからそういった不満がなくなりました。

 

日本人の体型に合うザック

今までトレランザックをたくさん買ってきましたが、僕の体型に合うものがあまりなかったんです。

海外から輸入されているメーカーのものは、ショルダーベルトの長さが合わなかったり、ウエストベルトを締めても余ってしまうとか。

なんでもそうですけど、身体に合っていないと使っていて気持ちよくないです。

快適じゃないんです。

そこで色々探して見つけたのがPaaGoWorks(パーゴワークス)というメーカーの「Rush7(ラッシュ7)」と「Rush12(ラッシュ12)」

 

フィット感に優れたベスト型のトレランザック

f:id:mayori-mountain:20170614170236p:plain

普通のザックはショルダーベルトとウエストベルトを調整して背負いますが、このザックはベスト型と言われ、ショルダーベルトだけ調整して背負えるザックです。

利点として、重心の位置が高くなるので走っているときにも揺れにくく、快適に背負えます。

ベスト型と言われるのは、背負った時がベストを着ているような形になるからです。

前面側のショルダーベルトにはポケットが一体型になっていて、水筒などのボトルを入れたり食べ物を入れたり携帯を入れたりできるようになっています。

また、生地全体がストレッチ生地になっているので、荷物を入れたときにいい感じにコンプレッションしてくれます。

個人的には現時点でナンバーワンの使い勝手です。

 

2種類の容量について

Rush7,Rush12と、容量が7リッター、12リッターの2種類があります。

7リッターはトレランレースや近場のトレイルに遊びに行くときにちょうどいい大きさ。

12リッターはロングレースや荷物の増える寒い時期や半日以上山の中遊ぶときに使っています。

どちらもちょうど良い容量で、使い分けもしっかりできるので買ってよかったです。

 

PaaGoWorks(パーゴワークス)について

実はパーゴワークスは日本のメーカーです。

だから日本人の体型にも合うザックが販売されているのです。

今回紹介したラッシュシリーズ以外にも面白い商品をたくさん作っているメーカーさんで、独特のデザインでユーザーに使い方を考えさせるような商品に興味が湧いてきます。

 

まとめ

デザインの好みや、色の好み、好きなメーカーだから使いたいとか色々あると思うけど、

やっぱり身体に合うか合わないか、っていうところを重視した方がいいと僕は思います。

使い勝手も気にしたいところだけど、身体に合わないとそのうち使わなくなっちゃうよ。

これからもこのトレランザックと一緒に遊びに行きたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村