好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

フィルムカメラに挑戦!初代ピカイチ「Nikon L35 AD」を使ってみた!

f:id:mayori-mountain:20180701003803j:plain

こんにちは。

 

カメラと写真が好きで、一眼カメラ、一眼レフ、コンデジ写ルンです

色々なカメラを使ってきた。

 

今回はNikon L35について書いていく。

 

Nikon L35というカメラ

1983年発売のAF機能付き・フィルム自動巻き上げがついた、フィルム式のコンパクトカメラ。(僕が生まれるよりも前に発売されたカメラである)

調べてみると、発売当時はAF機能がで始めたばかりで、近代のカメラの性能ほどは期待できないくらいのものだそう。

しかし、そこはさすがNikon

ファインダーを覗いてシャッターを半押しすると、針が左右に「シャッ」と動く。

針が動く先には、近影から遠景にピントが合っていることを知らせてくれる目印が付いているため、

この目安のおかげで、狙い通りに近い写真が撮れるようになっている。

 

カメラ初心者にもわかりやすく、手軽に、本格的な写真が撮れるようなカメラだと感じた。

 

背面はこのようになっている。

写真に年月日のデータが写せるようになっているが、「2018年」はすでに表示ができない。

f:id:mayori-mountain:20180630225024j:plain

 

蓋を開くとこう。

左のくぼみにフィルムをセットしてフィルムテープの端を右側にセット。

蓋を閉じてシャッターボタンを押せば、「ウィ〜ン」と言いながら巻いてくれる。

f:id:mayori-mountain:20180630225046j:plain

 

 

実際に撮影してみると

フィルムカメラに期待することと言えば、

レトロ感などのフィルム独特の雰囲気に期待することが多いのではないだろうか。

そんな僕も、デジタルカメラとは違う写真の写りかたや、色味、そしてなんと言っても現像する楽しみと喜びを楽しんでいる。

ところが、今までフィルムカメラといえば「写ルンです」しか使ったことがなかった僕は、実際の写真の仕上がりにとても興奮した。

 

埼玉県「牛島の藤」で藤棚を撮影

試し撮りにはちょうど良い被写体になるのが花。

時期は春先で、藤の花の名所「牛島の藤」を見に行った。

藤花園 ~牛島の藤~

 

現像するまで写真がわからないのがフィルムカメラの醍醐味。

思っていたよりもパキッとした印象で仕上がった。

藤棚に使われている組まれた竹の質感の写りはフィルムカメラとは思えない立体感を感じる。

f:id:mayori-mountain:20180630225432j:plain

 

こちらは藤の花を撮影。

写真としては失敗でしょう。

写ルンです」にはない、ボケがわかりやすく出ていて気に入っています。

まるでデジカメで撮っているかのよう。

うーん、イイ。

f:id:mayori-mountain:20180630225445j:plain

 

北アルプス「燕岳」での撮影

コンパクトカメラと言いつつも、やはり年代物の古いカメラということもあり、若干の重量感が気になるが、山の風景も撮影してみた。

いつも見ている山の景色が、このカメラだとどう映るのかとても気になっていた。

 

谷から上がるガスと青空。遠くにはアルプスの稜線。

ガスのモヤモヤの表現と遠くの山のシャープな感じ。

なんでもない景色の写真ですが、素敵な雰囲気に見えます。

f:id:mayori-mountain:20180630225459j:plain

 

遠くに見える槍ヶ岳

青と白が美しい。

f:id:mayori-mountain:20180630225512j:plain

 

燕山荘前の山男さん。

岩の写り、光と陰。

本当にこのカメラはフィルムカメラなのか?!と錯覚してしまうほどの写りの良さ。

さすがはNikonということなのだろう。

f:id:mayori-mountain:20180630225525j:plain

 

最後に、NikonL35を使ってみて

ズーム機能もないシンプルなカメラは、日常を切り取るスナップ写真に使い勝手がちょうど良い。

写真の仕上がりも予想以上の出来上がりで驚く。

フィルム代と現像代がかかってしまうが、それだけの価値があるカメラだと思う。

残念ながら古いカメラではあるので、当然製造はされていない。

手に入れる方法は、ジャンク品やオークション、メルカリなどのフリマアプリで探すしかない。

 

手に入れるチャンスがあれば、ぜひお勧めしたい一台だ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。