好きなことをとことん。

好きなことをとことん。

アウトドア系ミニマリストが好きなことをとことんやります

2018年もルナサンダルの熱が冷めない!走り方は?痛くないの?

f:id:mayori-mountain:20180706002543j:plain



 

 

 

今年もルナサンダルで過ごす夏が始まった。

SNSではルナサンダルやワラーチといった「走れるサンダル」の投稿が多く見られることから、2018年も人気のアイテムとして様子がうかがえる。

僕も今年で3シーズン目となるルナサンダルランナーだ。

実際に使っている感想を改めて紹介したい。

 

 

ランニングシューズとしての性能は? 

 

 

 

ゴム底にヒモが付いているだけの構造は見るからにシンプルだ。

ランニングシューズのようなクッションはまるでない。

しかしそれが、ルナサンダルの唯一無二の特徴なのだ。

 

 

クッションのないソール(もはやソールと言っていいのか)は走り方を強制的に矯正させる。

なぜなら、クッションのあるランニングシューズのような走り方ができないからだ。

 

 

どういうことかというと、

ランニングフォームを気にしなければ、めちゃくちゃな走り方でも、ランニングシューズのクッションが衝撃を吸収してくれる。

ところがルナサンダルになると、クッションがないため、めちゃくちゃな走り方ができなくなる(=クッションに頼ることができなくなる)

 

 

結果的に、ヒールストライクによる着地ができなくなり、フォアかミッドフットで着地する必要が出てくる。

ルナサンダルを履けば分かるが、矯正的にフォアフッドかミッドフットの着地になる。

もしも、ルナサンダルでヒールストライク走法ができる人がいたとしたら、おそらく怪我をして走れなくなるだろう。

そのくらい、「ルナサンダルで走る」ということが衝撃的なのだ。

 

 

走るときの痛みについて

上でも書いたように、

「ルナサンダルでヒールストライク=自滅的」と考えたほうが良い。

試しに裸足の状態で、かかと着地の動きをしてみると分かり易い。

どうだろう。

かかとにダイレクトに衝撃が伝わるのが分かると思う。

ヒールストライクの着地の仕方では、カカトから膝、腰へと衝撃が伝わり、ルナサンダルで走ることが難しくなる。

 

 

次に気になるのは、親指と人差し指の間の「鼻緒」の部分だ。

サンダルといってもビーチサンダルとは違い、ルナサンダルはかかとを抑えるヒモもある。

このおかげでフィット感が良くなり、鼻緒の部分に擦れが起こり難い。

ただし、最初のうちはフィット感が甘かったり、走り方や着地の仕方で擦れることが起きる可能性がある。

というのも僕自身が、たまに走ると鼻緒の部分が擦れるときがある。

あとは下り坂で、どうしても足が前に動いてズレてしまうので、鼻緒に食い込むような感じになってしまう。

 

 

他には、足の裏が痛むときがある。

理由はソールが薄いためだと思われる。

また、足裏にかいた汗が、普通のランニングシューズなら靴下やインソールなどが吸収してくれるところ、

ルナサンダルは裸足で靴下などの汗を吸収してくれるものがない(5本指ソックスや足袋ソックスというやり方もあるが)。

そのおかげで、初めのうちは足の裏に水ぶくれができることもあった。

 

 

それぞれ色々な痛みがあるが、どれも慣れると気にならない。

要は走り込みが大切ということだ(極論ではあるが)

 

 

走り方は?

 

 

 

肝心の走り方は上でも書いたように、ヒールストライクは良くない。ミッドフットかフォアフットを意識するのがポイントだ。

ただし、体の重心から離れた位置の着地は良いフォームではない。

いくらフォアフット・ミッドフットの着地でも、重心から離れた位置の着地は良くない。

走り方については、練習が必要なのはもちろん、正しい知識を身につける必要がある。

 

 

最後に 

 

 

 

今年の夏もルナサンダルが手放せない。

デイリーユースとして街履き・普段履きにもオススメだ。

だが、ぜひランニングで使って欲しい。

このルナサンダルのフィット感や軽快さは、一度味わうとクセになることは間違いない。

あなたのランニングライフが、より楽しくなるだろう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。